マルチタスクの害と準備ですべてが決まる!

大誤算より。

過程のビジュアライゼーションが非常に大切(Process Visualization Technique)。

一個ずつ終わらせてゆく環境で働く事が大切。

シングルタスカーはまわりからの影響を受けない。

ふあんを感じているのを

今これをやれば救われるタスクを一つのもとをして、まわりの事に

明確に見えるかする。それしか見えない様にする。

同時進行するほど低下する。

マルチタスクは注意の分散化。

集中時間が大切。社員が集中出来る時間を作る事が大切。

日本とドイツの労働時間と生産性の比較。

莫迦を相手にしない。

再び、大誤算より。

マックMACの法則:https://www.scienceofpeople.com/science-goals/
私の追加プロセス:
1)自分の望み(目的、目標)を正確に把握する。
2)プロセスを把握すると解決策が見えている。

1)目的を測定可能 (measurable)な数字にする。
2)目標を行動可能なアクション・リスト (actionable 行動可能) に落とす。どのような行動をすれば達成出来るかというプロセスを明確にする。何をすれば可能になるなくかと言う事を明らかにして、それを行動に入れて行くかと言う事が大切。プロセスを明確にすれば、解決策が見えて来る。
想像力を使って解決策を導きだす。どんな測定項目が有るのか。が可能かとか。
3)Competent 自分の価値観にあっているのか?その過程で、自分で稼げる自信がつく等。一億円を稼ぐか、宝くじに当たるかとの違い。自信が第一。メンタルの安定を得る。自由に暮らせると言う目標。自分何が欲しかったのか。価値観を見失わない。

ビジネスは、収入>支出 というゲーム。メンタルのトレーニング。人生をゲーム化するイメージ?

マックの法則に必要な「疑問がたセルフトーク」

Motivating Goal-Directed Behavior Through Introspective Self-Talk: The Role of the Interrogative Form of Simple Future Tense(2010)

と「心理対比」テクニックが大切。

以下はhttp://daigobook.xyz/%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AF%BE%E6%AF%94%E3%81%A8%E7%9B%AE%E6%A8%99%E8%A8%AD%E7%BD%AE%E3%82%92%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88daigo%E3%81%8C/
より、引用させていただきました。

「自分に出来る出来るとポジティブに語りかけるよりも
疑問系を使った方が良い。

自分は出来るだろうか?
どうすれば出来るだろうか?

具体的なプロセスへ導くように問いかける。

いつまでにではなくいつするのかを決める。

(1)自分は本当にできるだろうか
(2)自分はなぜしたいのか。
(3)どのように自分は行うのか。
(4)いつ自分はこれをするのか。
(5)もっと上手くやるには

心理対比
目標達成でどんなポジティブなことが起きるのか?

そのメリットで最もメリットが大きいことを選ぶ。

選んだメリットについて細かくイメージする。

自分の目標を達せするのにどんなトラブルがあるか?

一番のの(sic)デメリットを選ぶ。

その選んだデメリットを細かく考える。」

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s