先延ばしにしないノート方法

大誤算より。

ゴールを決める。

先延ばしのくせを直すための結果を記録するポイントは2つ:
1)ゴールまでの進展を記録する。
2)此の回数が多いほど成功が高まる。

先延ばししがちの人は作業をし始めるのを先延ばしする傾向があるので、チェックポイントをたくさん作った方が良い。いっぱい行動した感覚を作った方が良いので、集中時間を短くする。単位を短くする。25分として、後5分休む。また短く15分やって1分また5分休んで、それを何回で来た科と言う数がモチベーションを挙げる。集中力が上がって来てから時間を延ばす。

目的迄の到達度を見える化する。一冊読んだと書くより、全体1mの本の並びのどのくらいの位置まで進んだかを書く。10冊読む計画でその始めの一冊とか。累積化したグラフを書く?​可視化する。どれだけ集中出来たか、記録する。

行動を変えたい時の記録の絞り込みと結果をだしたい時の記録するポイントが違う。

ある点にしぼって書く此のしぼり方が違い。

Advertisements

Read Twor Papers on “Platform Capitalism” & “Semiotechnologies”

Two Narratives of Platform Capitalism by Frank Pasquale (Yale law & policy review)

MEANING, SEMIOTECHNOLOGIES AND PARTICIPATORY MEDIA by Ganaele Langlois.

“In particular, online participatory media platforms such as YouTube, Facebook, Wikipedia and Twitter offer a constant stream of user-produced meanings.” (semiotic democracy?)

N. Katherine Hayles (2004) declared: ‘Print is flat. Code is deep’.

Platform Capitalism Reading List

Platform Capitalism Reading Group at the University of Cambridge

They have a few interesting reading list:

Vid: Keynote von Evgeny Morozov

Radicalization of Utopian Dreams

Two Narratives of Platform Capitalism

Engineering the public: Big date, surveillance, and computational politics

Also, educators: https://cpgjcam.net/